ABOUT

お届けしたいのは、おいしく、楽しい時間

 

「一緒に買い出しに行く・ごはんをつくる・ごはんを食べる」食事を大切にしたいと思う方のところへ出張して料理をお作りします。

シュッチョウ炊事は、“それぞれのご家庭の状況”に合わせ、『炊事』を中心とした暮らしを応援する出張料理サービスです。

野菜を沢山使った料理を中心に、食べる人のことや生活スタイル、ラクして楽しい毎日の炊事をご提案します。

シュッチョウ炊事を通じて、一緒に食卓を囲む心のこもった炊事の時間をお愉しみいただければうれしいです。

FOR YOU

こんな人にピッタリなサービスです

シュッチョウ炊事で作る料理は基本調味料「さしすせそ」を使った、一人一人のご要望に合わせたオーダーメイド。

常備菜・保存食づくりや、献立づくりなどもご相談ください。

ご利用例①

産前産後・子育て中のご家族

お仕事が忙しいけれど、夏休み・春休などの長期休暇中でも子どもへ安心なご飯を食べさせたい。
食物アレルギーがあっても日々安心してごはんを食べてもらいたい。
野菜ぎらいな子でも喜んで食べてくれるようなごはんを作りたい。
料理を習いたいけど小さい子どもがいて家を離れられない。
マンツーマンで料理を基礎からしっかり学んでみたい。  など

献立のたて方や食材・調味料えらびのご相談にもおこたえします。

 

ご利用例②

介護をされているご家族の方

生活習慣病などで食事改善が必要でも毎日ごはんを楽しみたい。
高齢になった両親へ届けるごはんを作ってほしい。
急に家族が入院してしまい、その間だけでも安心できる食事を作りにきてほしい。
介護食と家族のごはん両方作るのが大変。など、

介護が必要な方へのリハビリ・介護予防を兼ねた食事作りのお手伝いや見守り、ご家族分の炊事を行います。

 

ご利用例③

一人暮らしの高齢者

両親が一人で暮らしているが買い物や調理が大変になってきている。
食事をちゃんととれているか心配。火を使った調理ができなくなってしまった。など、

見守りも兼ね、旬のものを使ったシンプルなお食事をご用意します。ご家族や必要な機関、ケアマネージャーさん等への連絡・報告も承ります。

 

※その他・・・日々の献立にお悩みの方、妊婦さん・産後のお母さん、療養中の方、結婚を控えた花嫁さまなど、まずはお気軽にご相談ください。

 

 

<ご利用までの流れ>

start

〇お申し込み・・・お申込みフォームからお送りください。

 

〇お打合せ・・・ご自宅か公共のカフェで行います(30分程度)。普段の食生活やアレルギーの有無、好き嫌いなどを伺います。利用内容承諾書をご確認の上、一緒に利用プランを立てます。   ※相談料無料、交通費実費

 

〇ご利用開始・・・ご希望の献立やサービスに応じて出張料理いたします。

 

 

 

 

<時間・エリア>

IMG_6230 ○出張時間○
10時~20時の2時間以上を基本とします。○出張エリア○
ご相談に応じて、出張いたします。まずは、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

 

 

<ご利用料金>

ご自宅の炊事事情に合わせて、日々の食事を応援します。

 

①初回お試し3回コース  2,500/回(2時間)

どなたでも、3回ご利用いただけます。「まずは、」という方におすすめ。

 

②炊事代行コース  4,000~/回(2時間~)

日々の食事を代わりに作ってほしいという方へ。高齢者ひとり世帯の見守りもいたします。

 

 

オーダーメイド出張料理レッスン  5,000~/回(2時間~)

普段から使っている調理器具や調味料をもとに、料理のコツを習いながら一緒に炊事をしたい方へ。

オリジナル・レシピカード付き。

 

※その他、ご要望に合わせてプランを作成いたします。イベント行事などでの食事作りもご相談ください。

シュッチョウ炊事はこんな想いから生まれました

 

「炊事」は、“家庭や下宿などで家族や友人、自分のために食事をつくること”と言われています。

台所では、食事の献立を考えたり、食べたごはんを尋ねたり、どんな一日だったのか話したり、、お腹が空くごはんのいい匂いと共に会話が生まれます。

てづくりのごはんで、たのしい食卓の時間〇

 

生活の基本である「食」からふつうにくらすしあわせを応援します。

ごはんのこと

食材や調味料・・・「さしすせそ」の基本調味料を中心に、できるだけ日頃から使い馴染みのある安心素材を取り入れ、紹介しています。
instagramで日々のごはんを紹介しています。

プロフィール
社会福祉士 おおいけ えりか

12233536_10206950724581151_607532597_n - コピー

母親の看病をきっかけに、中学生の頃から炊事をはじめました。

つくることよりも、食べることの方が断然好きなタイプの人間でした。毎日ごはんを作り続けていく中で、美味しいと食べてくれる周囲の人々のおかげで

料理の楽しさや食卓を囲むことの大切さを実感するようになりました。

 

そしていつの間にか、ごはんを作っている時間が私にとって一番居心地のいい時間になっていました。

自然と日頃のカラダとこころのバランスに耳を傾ける時間になっています。

毎日のことだからこそ、楽チンで楽しい食卓だったら理想的です。そんな時間を一人で過ごしたいとき、誰かと過ごしたいとき、お力になれることがあれば本望です。